メソセラピー事典TOP | メソセラピーの基礎知識 | メソセラピーを行う美容外科 | メソセラピーとの比較 | リンク集 |

メソセラピーの方法

メソセラピーの方法メソセラピー(脂肪溶解注射)では、脂肪・セルライトを除去するために薬剤を皮膚下に注入していきます。

薬剤は脂肪用とセルライト用がありますが、施術方法は同じです。

メソセラピーでは特殊な細い針を使って注射します。以前は通常の注射を手で打っていたようですが、メソガンと呼ばれるピストル型の自動注入器が開発され、細かい部分に的確に注入できるようになったため現在の施術は非常に効率的になっています。

もともと細い針を使った注射治療ですので痛みは注射程度なのですが、場合によっては麻酔テープを使った表面麻酔を行うのでほとんど痛みはありません。

また目的や部位にもよりますが、基本的にメソセラピーにかかる施術時間も短く、10分程度で終わります。

脂肪吸引ほど時間や手間がかからず、短時間で効果的な部分痩身が可能であるというのはメソセラピーの大きな特徴です。

ただし薬剤を注射するために、1回で注入できる量には限りがあるために(1回あたり手のひら2枚分といわれています)、期間をあけて数回〜十数回の治療を受ける必要があります。

間隔があくのを利用して、メソセラピーの施術の合間にエンダモロジーなどその他の痩身治療とあわせて受けることも可能で、より効果的な痩身が期待できるようです。

※オススメ痩身情報をお届け!詳細はこちら
【エルセーヌ】⇒エルセーヌのダイエットエステ体験
【ミスパリ】独自の痩身法トリプルバーン⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 メソセラピーの基礎知識 」の記事一覧
メソセラピーとは
メソセラピーの方法
メソセラピーの効果
メソセラピー施術の流れ
メソセラピーのメリットとデメリット
メソセラピーの料金の目安
育毛メソセラピーとは
 
メソセラピー事典TOP | メソセラピーの基礎知識 | メソセラピーを行う美容外科 | メソセラピーとの比較 | リンク集 |